コラム

2020.8.21
自己PR

人事担当者がウンザリする自己PRって?★6日間で学ぶ就活のノウハウ★その5

こんにちは。Kizuki運営メンバー 就活アドバイザーのヒラノです。

今日は、エントリーシート対策セミナーをオンラインで開催していたのですが、そこでも学生から質問をされた「自己PR」!!

この「自己PR」について、就活生がよくしてしまう間違いについてお話をします♪

それは、「インパクトのありそうなエピソードや経験」をPRして、満足してしまうパターンです。
・海外でこんな体験をした
・サークル活動でこんな出来事があった
・インターンシップでこんな経験をした
など、相手が感心してくれそうな『経験やエピソード』を得意気に紹介して、自己PRをしたつもりになっている人がいます。

残念ながら、いずれの体験談も採用担当者にとってはさほど興味のない話なのです。
この類いのPRを、採用担当者は毎年のように聞かされています。エピソードや経験”だけ”の「自己PR」には、ややウンザリしていると言ってもいいでしょう。

採用担当者の目的は、入社したら活躍しそうなポテンシャルを感じる人を採用することです。

したがって、採用担当者が「自己PR」で確かめたいことは、「この学生は、入社後に活躍しそうな能力や資質をもっているか?」ということに他なりません。

だとすれば、「PR」すべきことは、『私は御社が求める能力・資質を持っています!』ということに他なりません。

経験談やエピソードは、それを説明する「裏づけ」として紹介すべきなのです。
経験談だけ伝えてもダメなのです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

◆来週の無料オンライン就活セミナーは、【コレをおさえておけば大丈夫!選考突破につながる”企業研究”】をテーマに、お話しますよ!!
【開催日時】
2020年8月26日(水)14時~
2020年8月28日(金)11時~ 残席わずか!

◎就活セミナーは、少人数制開催で、気軽になんでも聞ける雰囲気です。

現在予約受付中のおススメ(セミナー・イベント)2021年7月10日・11日開催 【はじフェス】 はじフェス 大好評エントリー受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pagetop